カードローンの掛け持ちのメリットデメリット

カードローンは審査さえ通れば複数の掛け持ちをすることが出来ます。 しかしカードローンは、利息を減らすために一つに絞る、おまとめローンなどでまとめるという人も多いでしょう。 カードローンを掛け持ちすることによって起こるメリットやデメリットはあるのでしょうか。

カードローンを複数利用することのメリット

カードローン会社を複数利用することにより、借り入れ金額を大幅にアップすることが出来ます。 カードローン会社によって借り入れ出来る上限は異なります。また、自分自身の現状を見ての審査結果で借り入れ金額が決まるので、どこの会社も借り入れ上限金額はあまり変わりません。 そのため、1社で50万円借り入れる場合は、2社目3社目も50万円ほどの借り入れが可能となります。トータルすると150万円まで借り入れできる、ということとなるでしょう。

カードローンを複数利用することのデメリット

カードローンを複数利用すると、それだけで他の審査が通りにくくなります。借り入れ件数が増えるほどに審査は通りにくくなるので、本当に困ったときに借り入れをすることが出来なくなってしまう可能性があるのです。

また、複数の会社から借り入れをしていると、どこからいくら借りていてどれだけ返済したのか、わからなくなることも多いでしょう。

自分自身でしっかりと管理できる人であれば複数利用はメリットもありますが、管理できない人は1社に絞っての借り入れをおすすめします。